ノルバスクの副作用

ノルバスクはカルシウム拮抗薬で、細胞内へのカルシウムの流入を減少させることで、冠動脈や末梢血管を弛緩させて血圧を下げる効果を発揮します。主に高血圧症に処方されますが、心臓への血管拡張を行うことから狭心症にも使用されます。全身の血流を改善することから、他にも脳や手足、目の網膜といった症状にも対応し、幅広い治療に効果が期待されている薬です。カルシウム拮抗薬の中ではノルバスクは比較的副作用が少ないとされ、薬理作用による顔のほてり、頭痛やめまいといったものがありますが、これらは非常に軽微であり、徐々に慣れてくるものとされます。その他には降圧剤としての薬理作用で、足のむくみや歯肉が増殖するといったものもあります。足のむくみには血管の拡張作用による問題とされ、血管を広げすぎた結果、血栓を起こすことはなくなりますが、血圧が下がるため血液を心臓に戻す力が低下し、水分を戻せずに細胞内へとにじみ出る結果となります。また歯肉増殖に関しては、歯肉に含まれるコラーゲンの分解をカルシウムイオンが担っているのですが、ノルバスクがカルシウムイオンを阻害するため、コラーゲンをはじめとした細胞外其質の分解が行われずに、歯肉が膨れあがる結果となります。ノルバスクでは発症する確率は低いですが、降圧剤の薬理作用による空咳もあります。本来、平滑筋の収縮を抑制するのがカルシウム拮抗薬ですが、下部食道括約筋という胃と食道を繋いだ部位で、胃酸の逆流を防ぐ平滑筋があるのですが、平滑筋の抑制によって胃酸が逆流し、食道炎を起こして咳の原因となります。また滅多なことでは起きませんが、食欲不振や吐き気などの肝障害、口内炎や皮下出血などの血液障害、胸が苦しくなったり脈が不安定になるなどの心臓への伝達障害といった問題もあります。
■ノルバスクの主成分
アムロジピン