動脈硬化を防ぐためのノルバスクと茶による高血圧対策

ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類される医薬品であり、高血圧治療や狭心症治療に用いられています。カルシウム拮抗薬は使用されてきた歴史が長いため、高血圧治療においては安全性が高く、有効性も高い選択肢として理解されており、ノルバスクは治療においてよく選ばれるものです。高血圧治療においては自覚症状がなくとも血圧管理をしていくことが重要視されます。これは動脈硬化の発生を代表とする合併症の予防が必要となるからであり、血圧が高い状態が長い間維持されてしまわないように降圧剤を使用するのが一般的です。ノルバスクはその目的でよく用いられる高血圧治療薬であり、動脈硬化予防という観点から積極的な投与が行われます。一方、薬によらない高血圧治療も並行して行っていくことが必要であり、食事療法や運動療法が実施され、医師や栄養士などからの指示を受けることになります。一方で、個人としても高血圧を治したいと考えたり、動脈硬化の予防を行いたいと考えたりすることが多く、特に食事をうまく利用して対策を立てるということが広まっています。茶は日本では伝統的な文化でもあって愛飲されるものですが、茶にも高血圧効果があると期待することができます。茶に含まれるカテキンにはコレステロール値、血糖値、血圧などの上昇を妨げる効果があるとされているからです。また、カテキンには毛細血管を強化する効果もあることが報告されているため、動脈硬化を防止する効果もあると期待されています。この他にもそば茶に含まれるルチンも同様の効果を期待することができる成分であり、お茶を飲む習慣をつけることによって高血圧対策にすることができる可能性が開かれてきています。